ココパタ這座橋和舉行健康課堂培訓,單個會話之間"考慮"他消息和令人興奮的生活。
原始的 Ki 自我選擇的課程。

タッチフォーヘルスのバランス調整をしてから痛みが戻らない

梨状筋症候群…と診断名がついていても

接觸健康是家庭醫學。
治療も診断も投薬もない
無い

ジョン・シー博士が一般の人の為に

簡単で分かりやすいテクニックにして

くださり

日本キネシオロジー総合学院の

石丸賢一学院長が

日本に伝えてくださいました。

昨年の11月末に

バランス調整のご依頼を戴いた女性に

再会した

あれから調子が良いの…

この一言が嬉しい

女性は

梨状筋症候群と診断され

立っているだけで右脚の下腿までひどく
痺れてくる

それをかばうために身体は腰が引け

ねじれていた

タッチフォーヘルスは診断名は関係無いので

その方の身体に触れ筋肉反射テストで

何をして欲しいのか聴いていくだけ

数値化をして筋肉がダウンすれば

諦めずにバランス調整を繰り返す

就是這樣。

そしてメタファーで氣付きが生まれる

職場でイライラしている事への氣付き

数値化に大きな変化はない

けど

立っていても痺れが戻って来るまでの

時間に変化が現れた

少しづつ痺れが戻って来るまでの時間が

長くなる

そして姿勢に変化が現れた

ねじれがない

上に伸びている

娘さんが伝えると

表情がパッと変化して

「分かったような氣がする」との

コメント

接觸健康是家庭醫學。

私は身体に触れ筋肉に聴いた

就是這樣。

?Gg[???ubN}[N??