ココパタは、「こころ羽ばたく」というメッセージを架け橋に、健康教室、研修、個人セッションを開催し、今をワクワク生きる。
元氣を自己選択するプログラムを提供しています。

タッチフォーヘルス中学生と先生と学ぶ

タッチフォーヘルスの創始者

ジョン・シー博士は公式テキストで

タッチフォーヘルスを子供たちが学ぶ事で

自信を持ち

タッフォーヘルスの専門家になって行く…

と書いておられる

本日は午前は中学校の体育館で男子バレー部

午後からはサッカー部の顧問の先生と

生徒との公式クラス開催した

今年に入りサッカー部の先生と生徒、父兄に

タッチフォーヘルスの体験会を開催した

その時、サッカーボールに乗ってしまい数回

転倒し骨折してしまった事がトラウマと

なっているK君のバランス調整を行なった

本日の公式クラスにK君が先生と仲間とやって来た

ボールに乗ってしまうトラウマについて

確認すると…変化が起きていた

ボールに乗ってしまう恐れが減ったと言う

そして、K君の本日の問題は

自信を持って自分の意見を発表すること

部活顧問であられる

まっちゃんが

14経絡のバランス調整にチャレンジした

バランス調整後

K君に変化が起きた

数値化が少し上がった

そして身体が軽いと体感が有った

ジョン・シー博士が言っておられる

子供たちが自信を持って生きる

今の日本で何人の人がタッチフォーヘルスと言う

言葉を使っているのだろう

タッチフォーヘルスを知っている人が

使っている人が何人いるのだろう

どのような年代の方が

タッチフォーヘルスを知って使っているのだろう

中学生が当たり前のように

タッチフォーヘルスと言う言葉を使い

テクニックを使う

そして自分の自信に繋がり

仲間を支え

ボランティア活動を行い

成長する

世の中が変化する

ただそれだけ
?Gg[???ubN}[N??